子育てにがんばるお父さんたちのブログを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“おいらの子育てあってるの?”より「Jrを見ていて感じたこと」

今日はおいらさんの“おいらの子育てあってるの?”より「Jrを見ていて感じたこと」 を紹介します。

「魔の2歳児」に突入した息子さんを見ていて、感じたことを書かれています。2歳になってから、どんどんおもしろくなっていくとおっしゃっるおいらさん。駄々をこねる息子さんへの対応を次のようにされているそうです。

子供が嫌がる時、駄々をこねる時には子供なりの理由が必ずあります。
今の今までご飯を食べると言っていていざ食べる時になって嫌だと言い出すときは、ご飯を食べることよりもやりたい何かがあるのです。
遊ぶことかもしれませんし、眠たいのかもしれません。
おいらはこのような時は「なんで嫌なのかな?お話してみようか~」
などと言ってJrに尋ねるようにしています。
始めは 「いやや~」とだけ言っていても「お話してくれないとチチはJrがどうしたいのか分からないよ~」や、
「そっか~いやか~、何がいやなのかな?」等と何回か聞いてあげると
2歳児でも嫌な理由を話してくれます。

大人の視点、都合だけで子どもを見ていると気付かないことですね。考えてみたら、「魔の2歳児」と言うのも大人の視点で、子どもにとっては大事な成長の過程なんだと思います。おいらさんのように子どもの視点も大事にしたいものです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

チッカー

Author:チッカー

3才の娘を持つ父親です。 社会福祉協議会で子育て支援に携わり、春から大学院で子育て支援の研究をします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。